【羽生結弦】翻訳神降臨 何とか抑えようとしても・・とても普通ではいられなくなる 世界選手権2017 FS ドイツ解説

羽生結弦

ゆづるくんの世界選手権2017、フリープログラムのドイツ解説です!

 

momo様がupと翻訳をしてくださっています!

 

ご紹介させていただきます!

 

 

久石譲さんの現在まで語ってくださり、

 

「それは音楽、演技、演奏、表現、輝きであり、

 

ここヘルシンキで、それら全てが羽生結弦に光輝きました」

 

というところにゆづるくんの、儚くも美しいスローな動画が流れて・・・

 

。・゚・(ノ∀`)・゚・。

 

羽生結弦

↑ 作ってしまった・・。

 

 

 

そうして20年も解説をしていて数年に一度のこういう体験があると

 

なんとか抑えようとしてもとても普通ではいられなくなる、と。

 

平静であろうとしながらも内側から湧き出てくるパッションを表現すると

 

このように感動的な解説になるのですね。

 

心からの言葉を伝えてくださりありがとうございます。

 

感動しました。

 

そしてまた涙が・・・。

 

解説の方が思い出したオリンピック後のさいたまでのFSの動画がありますのでご紹介させていただきます。
世界選手権2012 FS in さいたまのドイツ語解説はこちら

 

自己満足で始めたブログでしたので読まれることを全く意識しておらず記事内では「ゆづる」と書いてありますね。

 

確か、そういうことを意識し始めたのはオリンピックの後からだと思います。

 

オリンピック後の知名度に比例して、私の意識も変化していったように思います。

 

「ゆづる」から「ゆづるくん」に。

 

 

そしてこの解説者さんはゆづるくんの天性の才能に早くから気づいていて

 

これまでの成長をずっと見守ってくださっている気がします。

 

そして、だからこそ追い込まれたときに、比類ない力を発するということを

 

知っていて、見届けようと思ったのですね。

 

momo様、ドイツ解説いつも楽しみにしています。

 

このように素晴らしい演技をしてくれた時の解説を知ることは

 

私の至極の喜びであります。

 

喜びを、ありがとうございました!

 

そしてこのブログを訪問してくだった皆さま、ありがとうございます!

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

 

 

世界選手権2017男子シングルFS結果はこちら

世界選手権2017男子シングルFSプロトコルはこちら

世界選手権2017男子シングル総合結果はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です