【羽生結弦】翻訳神降臨 これこそ神童だ。神童。 GPF2015 SP ユーロスポーツロシア解説

羽生結弦

ゆづるくんのグランプリファイナル2015、ショートプログラムのユーロスポーツ2ロシア解説です!

 

Matomato Atsuko様がupしてくださいました!

 

動画提供:Yuriya Hさん
文字起こし:Irina Gさん
翻訳:Atsuko Matomato
アドヴァイス:Anastashia Aranchikoba, Almaさん

 

解説:アンドレイ・ジュランコフさん

アレクサンドル・ボイチュクさん

 

ご紹介させていただきます!

 

解説を聞いて、いろんな点でジュランコフさん、わかってるなぁ、と思いました。

 

「彼はバトルとこの点で似ている。この音楽のフレーズや頭をまわすこと、腕の動きが調和している」、というところも

 

そうそう、美しい演技って、腕の動きがきちんと身体についていっているんですよね、と同意したり、

 

あと、演技をする目的が記録のためではないこととか、

 

極めつけは、ボーヤンが神童ではない、というところ。

 

ボーヤン、懐かしいなぁ、と思いながら見てしまった(^^;

 

今、ネイサンがあの時のボーヤンの位置にいるからなのかな??

 

いずれにせよ、ジュランコフさんが神童と言ったのは

 

ゆづるくんがすべての想いを形にできる、ということなのかもしれませんね。

 

音楽、振付師の考え、コーチのエネルギーと才能と一つになること、観客と一つになり、自分の理想とする滑り、それらを具現化できるその力を持つものを、神童と呼ぶのでしょうね。

 

ボーヤンの滑りを見て、どうしてそんなに煽るのかな~、と思っていた頃を思い出します。

 

滑りもジャンプの質も、全然、違うんだもの。

 

ジュランコフさん、私の言いたかったこと言ってくれました。

 

ありがとうございました!

 

 

Yuriya Hさん、Irina Gさん、Anastashia Aranchikoba, Almaさん、

 

そしてAtsuko Matomatoさん、ありがとうございました!

 

 

羽生結弦グランプリファイナル2015 FS ユーロスポーツ2ロシア語翻訳動画はこちら

 

 

グランプリファイナル2015男子シングルSP結果はこちら

グランプリファイナル2015男子シングルSPプロトコルはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です